安い人工ウィッグと高い人毛ウィッグ

ウィッグの中でも人毛で作られてるのは本当に高いです。いくらなんでもそこまでの余裕はありません。
作るのに手間がかかるんでしょうし、原価が高いのかと思いますが、やはり買える人は限られますよね。
学生さんが買おうにもさすがに厳しいのではないでしょうか。
だから人工ファイバーの安いのがいいなと思うのですが、一応どういう違いがあるのかは知っておきたいとおもってあれこれ調べてるところです。
さすがに2,000円とか3,000円のとかで自然さを求めるのは難しいかもしれませんが、もう少し高いですが、天使のウィッグやプリシラのウィッグなら1万円近くするのもありますが、それでもやはり口コミでの評価がだんぜん良い気がします。
軽くて自然で通気性が良かったりしますから、季節問わず被れるかな。

特にプリシラのウィッグって人気ブランドというだけあって、通販サイトのページを見てるだけでもやっぱり安いのとは違うなという印象を持ちます。
きれいなモデルさんだから余計に憧れるというか、自分もそうなれるのかと期待しますが、きっとスタイリングをきちんとしないとそうはいかないかもしれませんが、何十万円は無理でも、このくらいの価格のなら、がんばればなんとかなるかな。

フルウィッグはボリュームとバランスが大事

フルウィグの場合に気になるのがボリュームです。
元々の髪の毛がボリュームもあるしロングヘアだったりすると、フルウィッグを被ると頭が大きくなってしまってどうも頭と顔と体のバランスが不自然になることもあります。
そこで美容院でカットしてもらうという手もありますが、またそこでお金がかかるわけですよね。
それは困ったものです。
出来ることなら自分でカットしたいんだけど、失敗したら取り返しがつかないことにもなりかねません。
せっかくウィッグで可愛く変身って思ってたのに、きれいになれるどころか、使い物にならなくなってしまうなんて残念でなりません。
もちろん、その逆にボリュームが全然ないウィッグを買ってしまっても、使えないなんてことも
つまり、今の髪の毛の量などを考慮して買ったほうがいいだろうってことです。

ついついモデルさんに憧れて、それに似たのを買おうとしてしまったりもありますが、まずはいかに自分に似合うかを考えることが先決かもしれません。

これはカラコンでも同様ですよね。みんカラのキングダムはデカいし盛れるけど、顔立ちや髪型がそれに似合ってるかどうか、まあ装着してみないと分からないかもしれませんが、せめてヘアスタイルにあったカラコンを選ぶように心がけたいと思います。

夏はオシャレをしたいけどウィッグ暑い

せっかく夏が近づいてきたんだから、水着とか浴衣とか、いろいろ考えたいこともある。
ただウィッグに関してはやっぱり暑いのでどうしようか迷ってるところです。
帽子を被るだけでも暑いのにましてフルウィッグなんて被ろうものならとんでもなく蒸れますよね、当たり前です。
なので、ハーフウィッグとかポイントウィッグあたりで考えてみるのもいいかな。
手軽で簡単だし、安いし言うことないでしょう。
あとはカラコン着けてUVカットしたら外でも十分オシャレができるってもんですよね。

美白のことを考えると、やはり紫外線対策は大事ですよね。
ただ、シミやシワはもちろん、くすみとかの原因も紫外線ってことがあるようなので、あまり外に出ないほうが肌にはいいんでしょうけどね。
ここ数年は海も行ってないし、新しいものを揃えて繰り出したいものだなと思いながらきっと行かないんだろうな。

中にはウィッグでも通気性がいいのとかもあるから、それに絞って探してみることにします。

ウィッグだとばれやすいのはなぜ?

ウィッグで困るのはばれること。ばれるのならまだましですが明らかに不自然なのはせっかくのウィッグが台無しになってしまいそうです。
なぜばれやすいのか、自然さ、人工的なのが分かってしまうのか。
特に安いウィッグとかだとどうしても人工ファイバーの質によってしまうのかもしれません。
部分的に言うと、まずはつむじでしょう。いろんなつむじの型がありますが、それによっても違うでしょう。そこは帽子を被ったりでカバーする人もいますね。
それより私はテカテカ感が気になることがあります。特に外にいるとき、明るいときは、まるで人形のようなテカりがあって、とても不自然に感じます。
明るい色のほうがその傾向が顕著にあらわれるように思いますがどうなんでしょう。
つむじをまじまじと見られる状態というのはなかなかありませんが、光沢がありすぎるのは前から見てもすぐにウィッグだと分かりそうです。
カールが不自然とかなら耐熱のならドライヤーで何とかなりそうだけど、毛自体がテカテカするのはどうしようもないですよね。
そうなるともう少し高いので自然なのを探したほうがいいのかな。

ウィッグを通販で買うメリット

ウィッグが欲しいと思ったらまずはいろんなことを知ることが必要になるでしょう。
どんな種類があるのか、そしてどこで買えるのかといったことでしょう。

ウィッグの種類を知っておきましょう

ウィッグにはいろんな種類がありますが、大きく分けると3つでしょう。フルウィッグ、ハーフウィッグ、ポイントウィッグですね。
フルウィッグはオールウィッグとも呼ばれているように、髪の毛全体を覆うタイプですので、完全に地毛は隠れます。
コスプレするときとかはこういったタイプになるでしょう。地毛の髪の毛の色は気にならないですね。
そしてハーフウィッグは前髪だけを残して残りの部分被るイメージですね。
前髪をアレンジすればいいだけですので、結構楽しめると思います。
ポイントウィッグというのは部分的なものですので、前髪だけをつけたり襟足だけをつけたり、部分部分で変化を加えるのにいいですね。

ウィッグで人気の通販サイトはどこ?

ウィッグを売ってる通販サイトも相当あります。本当にいくらでもあるのではないかと思うくらい楽天にもありますし、アマゾンとかでも売ってると思います。
どこが人気かってのはランキングを見ると何となく分かりますが、過去にランクインしたときの情報もそのまま載ってたりするので、あまり参考にならないかもしれません。
それより自分でどういうのがいいか調べてみるといろんなことが分かります。
希望としては送料無料だったり、即日発送だったり、ポイント制度があったり、高品質のものを安い価格で買えるほうが嬉しいですよね。
種類に関しては、そんなに差はないように思いますが、質に関しては、それぞれ独自のルートから仕入れてるのか分かりませんが、ファイバー毛に違いがあるように思います。
例えば実店舗も展開してるスターリッチやアクアドールなんかは人気があるのではないでしょうか。
通販だとカラーも実物を見れないし、光があたったときの感じも分かりません。
サイズはフリーサイズでサイズ調節できるのもありますので、気にならないかもしれませんが、それでも通販ならではのメリットもあります。
それは実店舗では置いてないような豊富な取り揃えでしょうか。
届くのも早い店もありますし、モデルさんの写真画像を見てると参考に出来るところもたくさんあります。
実店舗ではカタログがあるのか知りませんが、ネットならではのメリットを感じて通販を利用していきたいと思ってます。

遊べる耐熱ウィッグも人気

ウィッグの中で耐熱のもありますよね。
コテだったりヘアアイロンで髪型で遊べるのは嬉しいところですよね。
もちろん、ケアは必要だけど、長く遊べるのではないでしょうか。
まだ詳しく分からないこともありますが、耐熱ウィッグで100度以上の耐熱性のあるウィッグのことって聞いたことがあいrます。
でも180度までの大丈夫というのが多いのかな。

ウィッグも結局場所に応じてですね

自分がしたい格好もいつでも出来るわけではないですよね。浮いてしまうような格好を控えるほうがいいか、個性を出すか、それは難しい選択なんですが、ウィッグに関しては、ある程度場所はわきまえたほうがいいような気がします。
メイクやカラコンはその場でどうにかできます。カラコンならとればいいですし、メイクも変えることはできます。
しかしポイントウィッグならまだしも、フルウィッグを外出中にどうこうしようとするのは難しいですよね。

ハーフウィッグを自然につけたい

ウィッグユーザーの中でもハーフウィッグを好む人も多いですよね。オールウィッグですとどうしても季節的に暑くて大変なこともありますし。
ハーフウィッグとなると前髪をいかすわけですが、いかに自然に馴染ませるかってのもポイントですよね。
うまく地下を生かしつつアレンジしてみたいと思います。

フルウィッグってどんなの?

ウィッグの中でもメジャーなのがスッポリと頭に被るタイプのフルウィッグというのがあります。安いのも高いのもありますが、やはり価格によって品質も違ってくるでしょう。
完全に被るわけですから、元の髪の毛の色を気にしないでいいのはいいですね。

ただフルウィッグでもばれないかというとそうでもありません。
特につむじ部分と分け目の部分が不自然だとばれるでしょう。
普段からウィッグつけてない人にはわからないかもしれませんけどね。
「フルウィッグってどんなの?」の続きを読む…